頬のたるみ解消

頬のたるみの原因は?頬のたるみを解消したい。顔のたるみをマッサージ。顔のたるみ解消について解説いたします。


スポンサードリンク

頬のたるみ解消

たるみってなぜなるのでしょうか?
たるみ解消したい。
たるみリンパマッサージ
たるみ解消について解説いたします。


たるみとは■

頬のたるみは、表情筋を使わない生活と
大きく係わっているといわれています。

しかしながら、表情に乏しく、
喜怒哀楽をあまり表現しなくなった現代人は、
顔の様々な脂肪をつりあげる表情筋の筋力が衰え、
知らず知らずのうちに頬をたるませているのです。

年齢とともに重力にさからえなくなってくる
たるみは老け顔の原因。



たるみの原因■

たるみの原因とは・・・

無表情の時間が長いことで起こった表情筋の衰えが
最も身近な原因です。

表情が硬くあまり笑わないでいると、
表情筋の老化を早めてしまうので要注意です。

たるみのない顔というのは、皮膚の張り・筋肉・適量な脂肪量の3つが、
肌をバランス良く支え合っている状態であること。

そのバランスが1つでも崩れると顔のたるみが生じてくる。
だから表情筋が衰えると、
脂肪や皮膚を支える力がなくなってたるみが起こります。


頬のたるみは皮膚、皮下結合組織や筋組織が加齢により
変性し脆弱化することによりおこります。
さらに重力が関与して、頬のたるみは重力により
頬が下方に落ち込み頬のたるみとなり鼻唇溝は目立つようになります。

老化すると表情筋自体もたるんでくるので、皮膚が下垂します。
そして、皮下脂肪が増えるとその重みでさらに下垂するのです。
こうして年齢を重ねるごとにたるみが目立つことになり、
顔全体の表情印象も変わることになります。

洗顔のしすぎや肌の乾燥の放置によって弾力や潤いが失われて顔のたるみが
早い時期から進行するケースもあります。

たるみの原因は、加齢はもちろん、
日常生活、食生活、ストレス、疲労、睡眠、乾燥や紫外線などの
影響が大きく関わっています。



たるみ解消

たるみ解消として、普段気をつける事・・・

・表情筋を動かす
表情筋を動かすことです。
口や目を大きく開けたりぎゅっと閉じたり、
頬の肉を膨らませたりしぼませたり。
他の筋肉と一緒で普段の運動不足を解消すべく
顔を動かしてみましょう。

食べ物はよく噛み、意識的にあごを使う。

表情を豊かにして表情筋をやわらかくすることを心がけましょう。
たるみ解消に効果的です。


・リンパマッサージ
あご関節の周囲は、リンパが溜まりやすく、
老廃物も溜まりやすくなっています。
口を大きく開けて、頬に刺激を与えてリンパの流れを
良くしてあげることによって、肌に透明感が出てきます。

たるみ解消する方法としてあげられるのにマッサージ。
血行やリンパの循環が低下して余分な水分や脂肪を
排出できなくなることで皮下組織の脂肪細胞が
増加している事もあり得ます。
たるみ解消するなら、
若いうちから抗酸化ケア、紫外線対策などと一緒に
頬のたるみはマッサージを
取り入れたお手入れをすることが大切です。

マッサージで皮膚に軽い刺激を与えて血行をよくし、
その上で水分補給をしてあげると、肌の老化を抑えることができる。
これは小じわで悩む人にも効果的。

お風呂でマッサージをするとさらに良い。


・紫外線対策
たるみは筋肉が衰え、皮膚に弾力が
なくなったために起こる老化現象のひとつですが、
お肌の弾力成分であるコラーゲンが年齢を
重ねるにつれて老化し変質していくことが
原因の一つである事が分かっています。
皮膚に弾力がなければ、筋肉を鍛えてもたるみは消えません。
特にコラーゲンの変質については紫外線による影響が大きいので、
紫外線対策は必須の対策になります。


・食生活
重要なことは新陳代謝を整えることです。
肌の健康には基礎化粧も大切ですが、
食生活が何よりも重要になります。
心掛けて緑黄色野菜をとるようにし、
インスタント食品やスナック菓子などは避けましょう。
たるみ解消は継続が大切です。
対策をしっかり継続して、頬のたるみを解消しましょう。


・目の疲れ
目の疲れも頬のたるみの原因になりますので
できるだけ、目を疲れないようにしましょう。


・睡眠
生活習慣もその日のうちに就寝し、
少なくとも7時間くらい睡眠時間を確保すると良いでしょう。


これらの解消法で
たるみ解消を検討してみてください。
スポンサードリンク